目の整形>切開目元矯正法
切開目元矯正法
切開目元矯正法
力なく下がった目元
確な目元矯正ではっきりした目元に完成

切開目元矯正手術

切開目元矯正とは
皮膚に切開線を作り目元を矯正する手術です。瞼に脂肪が多かったり、まぶたの垂れが重度な場合は非切開目元矯正術の効果が十分でないことがあります。
これを補完する切開を通じた方法で自然でよりはっきりした目元に仕上げます。

非切開目元矯正VS切開目元矯正

1. 非切開目元矯正
瞼に脂肪が少なく、薄い場合。
まぶたのたるみ程度が弱い場合
眠くて疲れて見える程度が弱い場合
二重がなかったり、埋没法で目元矯正ができなかった場合
2. 切開目元矯正
まぶたの皮膚が垂れていたり、脂肪量が多い場合
まぶたの垂れの程度が酷い場合
眠くて疲れて見える程度がひどい場合
何度の二重瞼手術によって埋没法で目元矯正が難しい場合
切開方 TIP
エイペックス整形外科では、個人のまぶたの厚さや脂肪、まぶたのたるみの程度などを考慮した1:1、オーダーメイド診療で本人に適合した方法を選択して、手術を進行します。

このような方にお勧めします。

1. まぶた皮膚のたるみが重度で、まぶたが垂れ下がっている場合
2. まぶたのたれが激しく、非切開目元矯正法で矯正が難しい場合

エイペックス切開法整形手術 POINT

1. オーダーメイド手術
目の大きさ、目元ラインなど個人の目の特性に合わせたオーダーメイドの手術を進行します。
2. 涼やかではっきりした目元
個人の目の特性に合わせたオーダーメイド手術を行って明るくはっきりした目元の効果を得ることができます。
3. 自然な二重のライン
手術跡がなく自然で鮮明な目元ラインに仕上げます。

切開法整形手術方法

1. 1:1のオーダメイド相談
まぶたの垂れの程度及び目を開く筋肉の力の程度を把握して、手術計画を立てます。
2. 組織の除去
たるんでいる皮膚及び過度な筋肉、脂肪を切除して眼瞼挙筋の挙筋腱膜を探します。
3. 目を開く筋肉の力を補強
眼瞼挙筋腱膜及びミューラー筋を瞼板に糸で短縮縫合をし、目を開く筋肉の力を補強します。
4. ぱっちり目元完成
自然ではっきりした目元を完成させます。

エイペックス症例 前後写真

切開法整形手術前 注意事項

1.避妊薬、ホルモン剤、漢方薬、アスピリンなどの薬物は手術2週前から中断して下さい。
2.手術の三日前から禁煙、禁酒して下さい。
3.手術の当日風邪がひどければ、呼吸器官が非正常である可能性があり、手術前に担当室長や医者に予めおっしゃってくください。
4.手術当日コンタクトレンズ、貴金属、アクセサリー、マニキュア、化粧などは手術の邪魔になることもあるため、
病院に来る前に除去して来られなければなりません。
5.手術直後の運転は危険なので保護者をお連れするか公共交通機関を利用するのをお勧めします。

切開法整形手術後 注意事項

1. 手術後2日~3日程度腫れやあざが生じることがありますが徐々に引きます。
2.手術後涙をたくさん流しながら泣いたり、まぶたを強くこすらないで下さい。
3.コンタクトレンズは3週間程度付けないで、眼鏡やサングラスをかけて下さい。
4.簡単なアイメイクは1週間後にするのが良く、寝る時には頭を下げたり、俯せに寝るのは控えて下さい。
5.手術後1-2ヶ月は必ず禁煙、禁酒し体を十分休めてください。